任意整理とは?任意整理のデメリットと自己破産との違いについて

通帳が差し押さえになったらどうすればいい?

債務を滞納し続けると、裁判を起こされ、銀行口座を差し押さえられることがあります。この差し押さえは口座を差し押さえるのが目的ではなく、口座にある預金を押さえるのが目的です。では、具体的にはどのように行われるのでしょうか。
裁判で勝訴して債務名義を得ればいつでも差し押さえが出来ますので、債権者は自分が決めたタイミングで裁判所に申し立てます。すると、裁判所から債務者と、債権者が申告した銀行に対して口座を差し押さえるという文書が届きます。債務者がどの銀行に預金を預けているかというのは債権者にはわからないことが多いので、お金を融資したときに債務者が申込書に書き込んだ銀行口座、あるいは債務者の家の近くにある銀行の口座を差し押さえるというのが一般的です。
裁判所から文書が届いたら、銀行は直ちに口座をロックしないといけません。つまり、債務者が印鑑と通帳を窓口に持ってきてお金を下ろそうとしても、下ろせない状態にするわけです。通帳や印鑑を債権者が取り上げるということはありません。銀行は口座をロックした後、預金がいくらあるのかということを債権者に対して通知します。そして、預金があったら、その中から決められた割合、あるいは金額のお金を徴収するのです。
もし、口座にお金がまったくなかった場合は、徴収出来るお金がないので債務者の方でロックを解除するように申請をして、また裁判所から債務者と銀行に対して通知が届きます。その後、銀行にお金が振り込まれたり、あるいは債務者が通帳を使って預金した場合でも、差し押さえをされることはありません。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法