任意整理とは?任意整理のデメリットと自己破産との違いについて

裁判所からの差し押さえ通知がきたらどうする?

銀行口座を債権者に差し押さえらてしまう場合、直前に裁判所から特別送達という特殊な郵便が届きます。特別送達は手渡しになるので、家に誰もいない場合は受け取ることが出来ません。
特別送達に書かれていることですが、まず、差し押さえをするのは誰かということが書かれています。ここに書かれているのは、必ず債務不履行で民事裁判を起こした債権者の名前です。たとえば、消費者金融からお金を返さないと訴えられて、裁判で和解出来ずに全額支払うようにという判決が出た場合、その消費者金融の代表者の名前が書かれることになります。
次に、どの銀行の口座を差し押さえるのかということが書かれています。ここに書かれるのは一つとは限りません。二つ書かれている場合もあります。そして、特別送達に書かれている銀行にも、同じく特別送達が届いていることになります。銀行に届く特別送達には、あなたの銀行のこの支店にあるこの人の口座を停止するようにといったことが書かれています。銀行がするのは口座を使えないようにすることだけで、銀行が債権者の代わりにお金を取るということはありません。
そして、債務がいくらあって、差し押さえの手続きで裁判所にいくら支払うのかということが書かれています。裁判所に払うお金については、債務者が払うのではなく、差し押さえ命令を出してほしいと頼んだ債権者が払うことになります。
この特別送達が届いた時点で口座にいくらお金が入っているのかかかわらず、一時的に使えなくなります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法