任意整理とは?任意整理のデメリットと自己破産との違いについて

差し押さえの解除方法とは?

お金が必要になったときに、貸金業者のサービスなどを利用したことのある人もいるかもしれません。
貸金業者から融資を受けることで、借り入れたお金や利息の支払いが毎月増えてしまって返済ができなくなることがあります。
貸金業者からの借金について返済ができなくなったときには、給料の差し押さえをされるケースがあります。
借金の返済について滞ってしまうと、債権者は訴訟をすることで裁判所を通して貸し付けたお金の回収をすることができます。
訴訟の判決がでた後においても、借金の返済がされないときには貸金業者などの債権者は給料の差し押さえを実行できます。
このような事態が行ってしまったときには、手続きを解除する必要があります。
給料が差し押さえられている状態において、自己破産などの借金問題が解決できる法律的な手続きの申し立てを行った場合でも、それによって効力が消えるわけではありません。
差し押さえを解除するためには、自己破産の手続きの開始の決定を受けたあとにおいて、差し押さえの停止を申し立てなければなりません。
差し押さえの効力は自己破産の手続きによる免責許可が決定されるときまで、継続されることになります。
免責許可が確定した後において、差し押さえが解除されて効力を失うことになります。
給料が支払われていなかった分についても、勤務先の会社によって保管されていたり、供託が行われていることになりますので、免責許可が決定した後に債務者に対して返還されます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法