任意整理とは?任意整理のデメリットと自己破産との違いについて

差し押さえは回避できない?今からできる最善策は?

 

差し押さえを回避する方法は、
滞納していた借金の返済を始めれば良いのです。

 

一括で全て返済するように言われてしまった場合は
厳しい話となってしまいますが、
債権者との交渉次第では
分割返済で話をまとめてくれるケースもあるのです。

 

このような手段で差し押さえを回避するのがベストですが、
実際問題返済する事が出来ないから
借金の滞納を続けている方がほとんどです。

 

そういった状況にある場合、そのままにしておいてしまったら
いつかは必ず差し押さえにあってしまいます。

 

取るべき措置を取られてしまうと、
給与の差し押さえも可能になってしまいますし
マイホームなどの不動産なども差し押さえの対象となり、
処分されてしまいます。

 

返済する事も出来ないけど、
差し押さえだけは免れたいという場合
自己破産を行うべきであります。

 

マイホームをお持ちの場合、個人再生と言う手段もありますが、
収入が少ない方の場合は個人再生は行なう事が出来ないのです。

 

自己破産は、収入が少なくても行なう事が出来ます。

 

自己破産を行う事により、債権者は強制執行が取れなくなります。

 

ですから、債権者が強制執行を取るための準備段階に入っていたとしても
自己破産を行ってしまえば、強制執行に待ったをかける事が出来、
免責許可を得られた場合は、給与の差し押さえなどは免れる事が出来るのです。

 

差し押さえを回避したい、
今の自分にとって1番の最善策を知りたいという方は、
法律事務所の弁護士に相談することをおすすめします。

 

当サイトおすすめの法律事務所については
差し押さえの無料相談のおすすめは? ※24時間受付中
のページでご紹介しています。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法